人工知能時代の営業最適化ツールとは?【インサイドセールスを導入する上でのツールについて】

今回はインサイドセールスを導入する上でのツールについてお話ししたいと思います。 全体最適を図るITツールの選定方法とは? 営業生産性を上げるためにはITツールは欠かせませんが、発生する課題に対してその都度個別にツールを導入すると、部分最適は図れても全体最適は実現しません。 同じ会社でも、各部署で使用しているツールが異なり、お互いにどんなツールを使用しているのかあまり把握していないというのは良くあることです。 その結果として情報が散在してしまい、ツールを導入したことによりエントロピーは増大しても生産性は向上しません。 ITツール導入により営業生産性向上を図るには、まず営業活動全体を見直してどこに課題があるか把握した上で、理想的な最終形(ゴール)を定めて

連続インタビューVol.3 Sansan畑井氏「Sansanが行うSales Enablementの取り組み7E(情報のE、組織ルールのE)」

みなさん、こんにちは。 Sansan株式会社 Sales Enablement Groupの畑井 丈虎氏へのインタビュー、第3回です。 第2回は「組織の成長に不可欠なチーム経営」と「Sansanが注力するSales Enablementの取り組み・7E(人のE)」について、お話していただきました。 今回は7Eの「情報のE」と「組織ルールのE」についてお話を伺ってまいります。 第1回 Sansanが注力するSales Enablementとは? 第2回 Sansanが行うSales Enablementの取り組み「7E」(人のE) 第3回 Sansanが行うSales Enablementの取り組み「7E」(情報のE、組織ルールのE) 第4回 Sans

連続インタビューVol.2 Sansan畑井氏「Sansanが行うSales Enablementの取り組み7E(人のE)」

みなさん、こんにちは。 Sansan株式会社 Sales Enablement Groupの畑井 丈虎氏へのインタビュー、第2回です。 第1回は「Sansanが注力するSales Enablement」について、お話していただきました。 今回はSansanが行うSales Enablementの取り組み「7E」についてお話を伺ってまいります。   第1回 Sansanが注力するSales Enablementとは? 第2回 Sansanが行うSales Enablementの取り組み「7E」(人のE) 第3回 Sansanが行うSales Enablementの取り組み「7E」(情報のE、組織ルールのE) 第4回 Sansanが拓く、営業組

連続インタビューVol.1 Sansan畑井氏「Sansanが注力するSales Enablementとは?」

みなさん、こんにちは。 今回から隔週で全4回にわたり、Sansan株式会社 Sales Enablement Groupの畑井 丈虎氏へのインタビュー記事を連載いたします! 今回の連載では、Sansan株式会社がソリューション営業を次なる段階へとレベルアップさせるために取り組んでいる「Sales Enablement(セールス・イネーブルメント)」にフォーカスしてインタビューして参りました。 「Sales Enablement(セールス・イネーブルメント)」のコンセプトを元に、どのように営業組織やチームを作り、営業活動を実施しているかについてお話いただきました。 第1回 Sansanが注力するSales Enablementとは? 第2回 Sansa

【管理指標】KPI/KGI、先行/遅行指標、OKR…色々な指標があるけど、どうしたら良いの?~「目的」と「目標」から解く~

日々の業務で、KPI/KGI、先行/遅行指標、OKRなど色々な指標が溢れていますが、何を使ったら良いかよく分からなかったり、上手く運用出来なかったりするのが実情です。 そこで、今回は各指標の本質に立ち返り、「目的」と「目標」の違いから各指標が意味する所は何かを理解した上で、しっかり運用できるようになるヒントをお伝えしたいと思います。 先ずは、「目的」と「目標」の違いからご説明したいと思います。 目的=ゴール まず、目的とは、読んで字の如く「目」で見える「的」のことです。即ち、「目的」は最終的に到達したい「ゴール」のことを指します。 目標=目的(ゴール)までの指標 次に、目標は、こちらも読んで字の如く「目」で見える「指標」のことです。即ち、「目的=ゴー

個人力の相対的価値の展望

個人力の相対的価値の展望 ~AI時代にどんな力をつけるべきか~ 最近、AI(Artificial Inteligence:人工知能)の台頭により、シンギュラリティが叫ばれ、どの職業が奪われるかなど世間で騒がれています。 今後も、AIが急速に発達することは間違いありませんので、そう遠くない未来にAIが人類の問題解決力を超えるのは不可避と思います。 個別具体的に、どの職業が失われるかは抜きにして、今回はビジネスにおける個人力の相対的価値がどの様に変遷するか考察したいと思います。 色々なご意見・お考えがあるかと思いますが、本記事が未来を思考する何かのきっかけになれば幸いです。ご意見、ご要望があれば、コチラからお気軽にお問合せ下さい! 個人力とは?相対的価値