なぜ、生産性向上の取り組みは長続きしないのか?

最近働き方改革や生産性向上が叫ばれていますがそもそも何のために生産性を向上させるのかについて考えたいと思います

チーム会議を減らす報告書を減らす権限移譲を進めて承認プロセスを短くするetc
生産性を高める施策は沢山ありますがいつの間にか立ち消えて企画倒れに終わることが往々にして起こります

実際に前職でも起きていましたし他社事例を聞いても多くの企業で生産性向上が叫ばれるものの企画倒れに終わっているケースが散見されます

生産性を上げた方が良いのは間違いないのになぜ実行されないのでしょうか

筆者は前職で若手タスクフォースというものを起ち上げて生産性向上新規ビジネス創出など多くの施策を実行しましたがヒントは目的意識にあると思います

なぜ生産性を上げる必要があるのか
良く聞く答えは会社の売上を増やすため」、「チームのパフォーマンスを上げるためなど主体が組織や他人になっている答えです

主体が自分自身でないと自分事じぶんごととして考えられず、「みんなが意識すればなんとかなると考え他力本願になってしまいます
そうすると誰も主体的に取り組まないため結局企画倒れで終わってしまうのです

従って生産性を向上させるためには一人一人が自分事として考えてなぜ生産性を向上させたいのか個人の目的意識を持つ必要があります

ちなみに、「個人の目的なので全員で合わせる必要はなく十人十色で構いません
どのように生産性を向上させるかの各施策は全員で共有する必要ありますがなぜ生産性を向上させたいのか個々人で目的は違っても問題ありません

 

例えばSales Hackerはなぜ営業生産性を向上させるために情報発信をするのかご説明すると生産性や合理性を追求した結果として、”本当の意味でのコミュニケーションを増やしたいからです

Sales Hackerのフィロソフィーは以下の通り、「”本当の意味でのコミュニケーションが行き交う豊かな社会を実現することです

~ Philosophy ~

少しでも多くの本当の意味でのコミュニケーションが行き交う豊かな社会
それが私たちの創りたい世界観です
ヒトとヒトヒトと社会企業と社会言語と非言語世の中には様々な形のコミュニケーションがありますただ単純に物事を伝えるだけでなく人々の感動を呼び起こしたり情動を揺さぶったり感性に訴えかけるコミュニケーションが、「本当の意味でのコミュニケーションだと私たちは定義しています
営業活動を通して誰かの悩みを解決する世の中の仕組み創りをするヒトとヒトの架け橋となって新たな価値を創造する
ただモノやサービスを売るだけでなく他者との関係性のなかで新たな価値を創造していく営業そんな営業を実現することで少しでも多くの本当の意味でのコミュニケーションが行き交う豊かな社会を築く一助になれたら幸いです

~ Philosophy ~

なぜ、”本当の意味でのコミュニケーションを増やために生産性や合理性を追求する必要があるのか筆者の趣味である茶道を例に説明したいと思います

筆者は茶道を通してたった一杯のお茶で人が感動することを知っています
お茶に口を付けるまで言語的なコミュニケーションはほぼありませんがなぜ人々はたった一杯のお茶で感動するのか

それは主人おもてなす側一杯のお茶を点てるまでに多大な時間と労力をかけるからです

床の間に飾る掛け軸や生け花お抹茶のお詰めお茶葉の製造元やお茶菓子のご製お茶菓子の製造元)、お点前するお茶器などなど二十四節気に鑑みながらお客様をおもてなすためにありとあらゆる準備をします

そして当日打ち水をしてからお客様をお迎えしお客様のことを想いながら丹精込めて丁寧に15~20分ほどかけてお客様の目の前で一杯のお茶を点てます

その手間や労力想いが一杯のお茶に表れるこれが人々の感性を揺さぶるのです
人々の感性を揺さぶったり感動を呼ぶモノやコトには多大な手間や労力や時間がかかっているのです
壮大な人工物よりも雄大な自然の方が多くの人々の感動を呼び起こすのと同じことだと思います

他人のことを想いながら手間や労力をかけるには時間が必要であり時間を創るためには合理的で生産性の高い世の中にする必要があります
従ってSales Hackerは営業生産性を追求するのです

生産性を上げる手段はさまざまな方法がありますがSales Hackerの目的意識ははっきりとしているので常に何が有効か考えて継続的に情報発信することができるのです

話が大きくなってしまいましたが皆さんも是非個人の目的意識を持って生産性向上に取り組んでみて下さい

ひとりひとりが自分事として考えて目的意識を持てば必ず継続的に実行できるようになります