FIFAワールドカップに見る、営業組織に大切なこと

6月14日に始まった2018 FIFAワールドカップ ロシア大会7月15日のフランス対クロアチアの決勝でフランスが4対2でクロアチアを制し20年ぶりの優勝を果たしました

今回は、「ワールドカップに見る営業組織に大切なことをお伝えしたいと思います

本大会で特に顕著になったのはミッドフィルダーの大切さです

スーパーストライカーのクリスチアーノロナウド選手が率いるポルトガルメッシ選手が率いるアルゼンチンそしてネイマール選手が率いるブラジルはいずれもベスト8までに姿を消しました

一方ベスト4以上に進出したチームはどのチームもスーパーミッドフィルダーが強い存在感を放っていました
クロアチアのモドリッチ選手ベルギーのアザール選手イングランドのロフタスチーク選手そして優勝したフランスのグリーズマン選手とエムバペ選手などです日本代表で言うと柴崎選手や乾選手のような存在)。

なかでも最も注目されていたのはエムバペ選手でした圧倒的なスピード最高時速44.7km/h公道で走ったらスピード違反取られるレベルですね笑を活かして中盤から一気にドリブルで駆け上がってゴールに迫るシーンを何度も目にしました

前線に圧倒的なスーパーストライカーがいたとしても良いパスを継続的に供給し続けるミッドフィルダーがいないとチームとしては勝ち上がれません今回イングランド代表のハリーケイン選手が得点王に輝きましたがイングランドは4位に留まっているのは良い例だと思います

営業でも同じことが言えますいくらスーパーストライカー的なトップセールスがいてもそのトップセールスにパスを供給する役目がいないとやはりチームとして継続して結果を残し続けるのは難しいです

以前こちらのインタビュー記事で茂野氏がインサイドセールスはミッドフィルダー的な存在と仰ってましたがインサイドセールスが質の良い商談機会を継続的にフィールドセールスに供給し続けないとチームとして結果を残し続けられません

更にエムバペ選手のように自ら駆け上がってゴールを決めるような存在がいるとチームはより一層強くなります

コチラの記事インサイドセールスの3タイプを説明しましたがインサイドセールス自らクロージングまで行えるようになればクロージングの多様性が生まれ組織力が向上します

そのためには顧客の潜在的ニーズを引き出しその課題に対する解決策を分かり易く伝えることができるインサイトセールスの存在が欠かせませんインサイトセールスに関する詳しい説明はコチラの記事Ebookをご参照下さい)。

日本代表も下馬評は良くなかったですがベスト16まで勝ち進んだのはやはり中盤の柴崎選手や中盤からドリブルで駆け上がってゴールを脅かす乾選手の存在が大きかったと思います

今回のワールドカップを見て改めて再認識しましたがフィールドセールスに良質な商談機会を渡し続ける強いインサイドセールス部隊を創ることが中長期的に結果を出し続ける営業組織の構築につながると思います

是非みなさんもインサイドセールスひいてはインサイトセールス部隊の構築強化に注力して強力な営業組織を創り上げていただければと思います